男性必読!妊婦に対するNGワードor接し方について

最近周りで、妊婦さんばかりに
目が行くなーと感じてるのですが
そんな私も妊婦です(笑
自分が妊婦の立場になり、自分やパートナーに対して
思うこと、感じる不安や、喜び。。
妊婦さんの、つわりの症状や、接し方について
これから紹介していきます。
喧嘩せず、仲良く、楽しくマタニティ生活をおくれるように
参考にしてみてください!

つわりの種類

症状は、妊婦さんによって軽かったり
凄く辛かったり。。 様々です。
パートナーさんも、症状についてよく理解してもらえると
奥さん(彼女さん)もうれしいですよ!

1 吐き気、嘔吐
つわりの、最も代表的な症状の一つ。
ひどい場合、水を飲むのも気持ち悪くて
脱水症状になり、病院で点滴する方もいます。
お出かけ中に、外のニオイで吐いちゃう方もいるので
吐き袋は、手放せない方も中にはいます。

2 食べ物の好みの変化
好物が食べれなくなったり
苦手なものが食べれるようになったり
代表的なのが、ファストフードのポテト!
無性に食べたくなる方は多いです。

3 匂いに敏感
ご飯の炊ける匂いや、生魚や生肉の臭み。
人によっては、焼いたものでも、無理に感じる方もいます。
それと、スイーツの甘い匂いや、生活臭、体臭といった
ありとあらゆるニオイに、敏感になります。
清潔に保っておくと、近寄らないで!なんて言われませんよ。

4 眠気
突然耐え難いほどの睡魔が襲ってきたり
12時間以上寝てるのに、眠たくなったりと
とにかく、眠たくてしかたないのです。

5 便秘、下痢
多くの妊婦さんは、便秘に悩まされる事が多いようです。
便秘になると、ガスも出にくくなるので
お腹が張って、痛くなったり、赤ちゃんは大丈夫だろうかと
心配になる方も、、
検診の時にでも、下剤を頼んでみてください。
妊婦さんでも、飲めるお薬を処方してくれます。

6 よだれ
よだれを、飲み込むことが、気持ち悪くなる方もいます。
そうゆう時、No.1同様、吐き袋を持参する方も。。

7 頭痛
熱っぽくなり、頭痛の症状が出る方がいます。
経験ない痛みがある場合は、すぐ病院へ!

8 疲れ
少し歩いたり、家事をしただけで
疲れやすくなります。

妊婦さんによって、症状はそれぞれですが
自分でもびっくりするくらい、今までみたいに
行動できないのです。
まとめると、とにかく辛い!
この症状は、日によって、時間によって違うので
なにか、お願いするときは、落ち着いたらでいいからと
一言配慮の言葉をつけて、お願いしてください。

NGワードと接し方について

これを言われたら、さすがにキレる!
喧嘩の原因はこれかも。。
旦那さん(彼氏さん)心当たりはありませんか?
妊婦さんに、言うべきではない
NGワードと、その時の接し方について教えていきます。

1 太った?

何の気なしに、言った言葉かもしれません。
悪気ないよ!
そんなのわかってます。
ただ、妊婦さんも女です。体型のこと言われたら
傷つくし、ましてや、妊娠前の自分と妊娠中の自分の
体の変化に不安をもち、悩んでるのは妊婦さん本人なんですよ。
乳首の色や、お腹周り、お尻といったお肉が付く部分。。
パートナーにだからこそ、言われたら傷つきます。

2 〇〇できてないの?

これは、家事ですね。
ご飯できてないの?掃除できてないの?洗濯は?
体調がよかったら、奥さん(彼女さん)だって、今まで通りしたいです。
ですが、つわりで苦しんでてそれどころじゃないんです。
旦那さん(彼氏さん)も、体調悪いときに、あれして!これして!って言われたら
イラつきますよね?一緒です。
できない日もあると、理解してください。

3 つわりってそんなにきついの?

症状を、聞く気もなければ、調べもしないで!!と
イライラしちゃいますね。
つわりを理解した上で、この発言はタブーです。
風邪できついのに、余裕でしょ?って言われてるのと一緒です。

4 妊娠してから、〇〇できない。できてない。

例えば仲良し日(営みの時間)が減った。とか
遠出ができなくなった。など
話の切り出しが、妊娠してから、とか言われたら
妊娠した私が悪いのかなって、不安になるし
とても、心無い言葉です。
マタニティライフを、2人で楽しんでいくために
妊娠中でも、楽しめる事を、一緒に考え
お出かけしましょう!
仲良し日に関して、妊娠してから、性欲が減ったとゆう方が
多いようです。体調と相談しながら、激しいのは控え
コミニュケーションとってください。

5 俺も疲れてる

現在、妊娠してもギリギリまで、働いてる女性はたくさんいます。
共働きじゃなくても、疲れてるからと、話を聞かないのは
やめましょう。
コミニュケーション取りたい気持ちは
妊娠関係なく、同じです。
もし、相談だとしても、意見はいらないのです。
そんな事があったんだね。と言うだけでいいのです。
辛いと言われたら、つらいね、俺だってかわってあげたいよ〜。と
オウム返しに近い返しでも、もちろんいいです。
無理に身構えて、何か言わなきゃと意気込まないでください。

まとめ

いかがでしたか?
円満でいたい。喧嘩したくない。
それは、妊婦さんも同じです。
大好きって気持ちも変わらないし
大事に思う気持ちも、変わりません!
妊娠して、気持ちが落ち込んだり
不安で泣きそうになったり、でもそれを共有できるのは
友達じゃなく、パートナーであるあなたです。
奥さん(彼女さん)は、外に出ると大丈夫なふりをします。
家の中では、あなたの前ではどうか甘えさせてあげてください。
妊娠して、豹変したんではなく
ホルモンバランスの乱れにより、不安定になってるだけなので
そこを理解して、接してあげてください。
良いマタニティライフをお過ごしください。
ママの感情などは、直接赤ちゃんにも伝わってるってこと
忘れないで下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする